彼氏と長続きする女子は知っている!上手なケンカの収め方9パターン

どんなに仲がいいカップルでも、一度や二度は言い争いを経験するもの。交際を長く維持するためには、揉めたときの収め方が重要なのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼氏と長続きする女子は知っている!上手なケンカの収め方」をご紹介します。

  • 【1】「そっちの気持ちを聞かせて」と相手の主張に耳を傾ける

    「向こうが興奮する前に、冷静な話し合いに導いたほうがいいですよね」(20代女性)というように、自己主張をするよりも、先に相手の気持ちを聞いてみるパターンです。頭にカーッと血が上ると収拾がつかなくなることが多いので、そうなる前に切り出しましょう。
  • 【2】「ここは好きだけどここは嫌い」という具合に、好きな点を先に伝える

    「大好きな前提があってのケンカなら、悪口の言い合いにはならないです」(20代女性)というように、まず愛情を示してからダメ出しすることで、ネガティブな印象を和らげる手もあります。彼氏の好きなところがすぐに出てくるよう、前もってまとめておくといいでしょう。