誤解されちゃう!義理なのに本命と勘違いされるチョコの渡し方9パターン


バレンタインに義理チョコを配る女性は少なくありませんが、意外に頭を悩ませるのはその「渡し方」でしょう。明らかに義理チョコとわかる雑な渡し方も問題ですが、その後の付き合いのために「思わせぶりな態度」と取られることも避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「誤解されちゃう!義理なのに本命と勘違いされるチョコの渡し方」をご紹介します。

  • 【1】こっそり相手を呼び出し、まるで告白するかのようなシチュエーションで渡す

    「特別扱いされている?と感じたら、もしかして…と思いますよね」(10代男性)というように、わざわざ呼び出したせいで、期待を持たせてしまうパターンです。渡すところを第三者に見られたくないなら、「義理チョコを渡すから」と先に断っておいてはいかがでしょうか。