長年付き合って新鮮味のなくなった彼氏へのチョコの渡し方9パターン

交際を始めてから数年が経ってしまうと、バレンタインの贈り物にも、いまいち気合いが入らないもの。とはいえ、おざなりにするわけにもいかないので、せめて「渡し方」には工夫を凝らしたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「長年付き合って新鮮味のなくなった彼氏へのチョコの渡し方」をご紹介します。

  • 【1】「あらためてよろしく」と初心に返るようなメッセージを添える

    「正直ちょっと飽きてきていた彼女が、愛おしくなりました」(20代男性)というように、心のこもった言葉は、ダイレクトに彼氏のハートに響くようです。カードのデザインに凝るだけでなく、ぜひとも直筆でしたためましょう。
  • 【2】「どれがいい?」と売り場で一緒に選んだものを渡す

    「『あれでもない、これでもない』と二人で探すのが楽しかった」(20代男性)など、デパ地下のスイーツ店巡りを一緒にエンジョイしてしまうのも、目先が変わって面白いでしょう。ただし、大混雑しているバレンタイン当日は避けたほうが良いかもしれません。