好意はうれしいけど重い…男性に逃げられる告白のセリフ9パターン


ずっと好きだった人に思いを打ち明けるのは、とても勇気がいるもの。それだけに、つい力が入り過ぎてしまって、男性を及び腰にさせてしまうことがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「好意はうれしいけど重い…男性に逃げられる告白のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「私のことどう思ってますか?」と返答に困る問いを投げかける

    「付き合ったら、『私のことどれぐらい好き?』と聞いてきそう。正直ウザい」(10代男性)というように、告白の時点で自分への思いをたずねるのは、少々前のめりすぎるかもしれません。「私のこと、意識してなかったかもしれないけど…」くらいのアプローチでバランスを取りましょう。