大学受験を控えた彼氏の前では封印すべきNGワード9パターン

大学入試を目前にした彼氏には、これぞという言葉をかけて励ましてあげたいものですが、知らず知らずのうちに、言ってはいけないフレーズを口にしていることがあるかもしれません。そこで今回は、10代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「大学受験を控えた彼氏の前では封印すべきNGワード」をご紹介します。

  • 【1】不合格を予言しているかのような「来年頑張ればいいよ」

    「今から決めつけなくてもいいと思います」(10代男性)というように、失敗することを前提とした励ましは、縁起が悪いと嫌われても仕方ありません。プレッシャーを和らげてあげたいのであれば、「きっと大丈夫だよ」などとざっくりした言葉をかけるほうが無難でしょう。
  • 【2】受験そのものを根本から否定する「大学だけがすべてじゃないし」

    「それなら最初から受けてないって!」(10代男性)など、元も子もない言い方をすると、彼氏の努力をまるで無駄なものだと思っていると誤解されてしまいそうです。「望みは叶うと思うよ」などと、ポジティブな方向に導いてあげたいものです。