彼氏と決めた「ケンカを深刻化させないルール」9パターン

  • 【7】喧嘩両成敗ということで、どんなケンカもお互いに謝る

    「険悪になるときはお互いに何か非があるもの。一方だけ『ごめんなさい』すると根に持ってしまう」(20代女性)というように、謝り合うことで関係性の悪化を防ぐカップルもいます。むやみに白黒をつけようとしないのが大人のやり方かもしれません。
  • 【8】ムカッときても、必ず同じベッドで寝る

    「ケンカにならないためにはスキンシップも大切です」(20代女性)というように、触れ合いはお互いの気持ちをしずめるのに、効果的かもしれません。手を握ったり、ハグしたり、相手のぬくもりを感じることで、お互いの大切さを再認識できるのではないでしょうか。