彼氏と決めた「ケンカを深刻化させないルール」9パターン

  • 【5】イヤなことは溜めずにその場で言う

    「溜まりに溜まったことを爆発させてしまうよりは、その都度発散したほうがマシ」(10代女性)というように、言いたいことを言い合える関係づくりで、破滅的なケンカを防ぐ人もいます。本音を伝えようとするだけではなく、相手の気持ちを聞きだすのも忘れないようにしましょう。
  • 【6】「あの時もそうだった!」と昔のことを持ちださない

    「『お前だってああだった!』など、泥沼バトルが待ってますから。思っても口にしないのが私たちの約束です」(20代女性)というように、ケンカを「今、ここ」の局地戦におさめておくパターンです。言い争いの内容を増やさないことで、激化を防げるでしょう。