新年早々あっさりスルーされてしまう「あけおめLINE」9パターン

来年こそ気になるあの人と仲良くなりたい!と思うなら、「あけおめLINE」のやりとりをして幸先のいいスタートを切りたいもの。つまらないメッセージを送って、一方通行で終わってしまう事態だけは避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「新年早々あっさりスルーされてしまう『あけおめLINE』」をご紹介します。

  • 【1】「ハッピーニューイヤー!」と日付が変わる0時きっかりを狙う

    「友達からも来てたから、親しくない子はとりあえずスルー」(10代男性)というように、「一番乗り」を目指すと、ほかのメッセージに埋没してしまうおそれがあります。むしろ0時を避けたほうが、自分だけが目立って返事をもらいやすくなるかもしれません。