「うわ…嫌な女!」とあざとさを男性に見抜かれる上目遣い9パターン

  • 【7】実は選択肢が決まっているのに迷っているフリをするときの上目遣い

    「誘導されている気がしていい気持ちはしない」(20代男性)というように、優柔不断なフリをするための上目遣いであざといと思われるパターンです。「私はどっちでもいいんだけどー」と言いながら、それとなく自分の希望をほのめかしたほうが、男性にとっては助け舟になりそうです。