誰かに誘われたいときの「クリスマス空いてるよ」アピール9パターン

クリスマスのスケジュールが白紙なら、なんとかして一緒に過ごす相手を探したいもの。身近な男性から誘われるように仕向けるには、どんな作戦が有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「誰かに誘われたいときの『クリスマス空いてるよ』アピール」をご紹介します。

  • 【1】「クリスマス飲まない?」と周囲の人に声をかけまくる

    「『予定がないから似たような仲間を募って飲むのか』とかわいそうになる」(20代男性)というように、色気のないイベントしか計画できないことで、同情を誘う作戦です。うまく誰かにクリスマスデートに誘ってもらえたら、飲み会には参加できなくなってしまうので、事情をわかって協力してくれる女友達が必要になりそうです。
  • 【2】「今年もまたこの季節かー」としょんぼりする

    「毎年同じパターンなのかと気の毒になります」(20代男性)など、今年だけではなく、去年も寂しかったことを匂わせる作戦です。「なになに?そんなに長いこと彼氏いないの?」などと食いついてくる男性がいたらしめたものでしょう。