美人だからこそ打ち出したい「親しみやすさ」の演出9パターン

どこにいても目を引くレベルの美人は、周囲の男性から一方的に「近寄りがたい存在」だと決めつけられがちなもの。「意外とモテない」という残念な状況に陥りたくなければ、高飛車なイメージを覆すような演出が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性99名に聞いたアンケートを参考に「美人だからこそ打ち出したい『親しみやすさ』の演出」をご紹介いたします。

  • 【1】「100均って、マジで神!」と、庶民の感覚をアピールする

    「気取ってない感じがして好感度アップ!」(20代男性)など、安くて良いものに反応することで素直な人柄を匂わせるパターンです。ブランド品のポーチではなく使い古した巾着を愛用するなど、暖かい人柄を感じさせるアイテムをバッグに忍ばせておきましょう。