「イケメンなのにダサい男性」にファッション改善を促す一言9パターン

  • 【8】「今度服買うときは絶対に相談して」とショッピングへの同行を申し出る

    「ダサい人は服を買う店からして間違ってるので」(20代女性)というように、服選びから手取り足取りケアして、ファッション改革を促すパターンです。相手も気分が乗ってくるようなら、いっそのこと自分好みの服を買わせてしまうのもおもしろいでしょう。