「イケメンなのにダサい男性」にファッション改善を促す一言9パターン

顔の造りは悪くないのに服装が壊滅的にダサい男性が身近にいたら、なんとも歯がゆい気持ちになってしまうもの。そんな「惜しいイケメン」にファッション改革を促すには、どうやって背中を押してあげるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『イケメンなのにダサい男性』にファッション改善を促す一言」をご紹介します。

  • 【1】マネキンや広告を指さして「ああいう服を着るとモテるよ」と耳打ちする

    「モテるっていうのは効くみたいですね」(20代女性)というように、具体例を示してファッション改革を促すパターンです。一度だと「またまたー」と流されるかもしれないので、くり返し伝えたり、第三者に賛同をもらうなどしてその気にさせましょう。