彼氏が選んだレストランが微妙だったときのフォロー9パターン

デートで彼氏が連れて行ってくれたレストランがイマイチだと、気まずいムードが漂うもの。せっかくの好意を無にしたくなければ、どんな声を掛けるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏が選んだレストランが微妙だったときのフォロー」をご紹介します。

  • 【1】「土曜日だから忙しいみたいだね」とたまたまタイミングが悪かったのだと解釈する

    「味は悪くないんだなと、ちょっとホッとしました」(20代男性)というように、ちょうど込み合うときに来合わせてしまったのだと強調するテクニックです。料理自体に問題がないときに使える手でしょう。
  • 【2】「私、こういう系統の料理、意外と好きなんだよね」と個性を褒める

    「かなりクセがあったので、嫌いじゃないと聞いて救われた」(20代男性)など、一般受けしなさそうな味付けを「好み」と言い切ってしまうのも彼氏をホッとさせるようです。ただし、その後も同じ系統のチョイスが続かないように、「たまに食べたくなる」と予防線を張っておいたほうがいいかもしれません。