それ逆効果だから!非モテ男子を余計に落ち込ませる慰め9パターン

男友達が好きな女性に振られて落ち込んでいたら、とにかく励まそうとして声を掛けてしまうもの。しかし慎重に言葉を選ばないと、慰めるどころか傷口に塩を塗ることにもなりかねないので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「それ逆効果だから!非モテ男子を余計に落ち込ませる慰め」をご紹介します。

  • 【1】それっていつだよ!と問い詰めたい「そのうちいい人が出てくるから」

    「何時何分何秒に出会えるんですか!とヤケクソな気持ちになります」(20代男性)というように、根拠なく明るい未来を予言しても、無責任だと思われてしまうようです。「いい人が現れるといいね」などと「願望」の形で言えば印象が違ってくるかもしれません。
  • 【2】告白の断り文句と一緒!「あなたはマジメだからきっといい彼女ができる!」

    「振られたときのセリフがまさにそれだった…辛いです」(10代男性)というように、慰めの言葉が男友達にとっての地雷ワードだったケースです。不用意に傷つけないためにも、失恋の経緯をさりげなく聞き出しておきましょう。