ナチュラルがいいのに…男子ウケしない「やりすぎメイク」9パターン

  • 【9】不自然さが隠せない「ふたえのり」

    「外れかけてると逆に汚く見える」(20代男性)というように、二重を作るふたえのりやテープは、キレイな状態を維持しにくいものでもあるようです。一重のままでもアイラインで目の印象を強めたりできるので、アイプチに頼らない方向でメイク法を模索してはいかがでしょうか。

「流行のメイク」と「男子ウケするメイク」は、あまり一致しないようです。男子ウケを狙うか、「自分が好きな顔」を優先するか、両立はできないと覚悟してTPOに合わせたメイクをしましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock