LINEで自撮りを送ってくるナルシスト男への適当な返信9パターン

  • 【6】連続して届く自撮りに「自分のことが好きなのうらやましい」

    「嫌味のつもりだったんだけど、『努力次第で好きになれるよ』と見当違いの返信が来た」(20代女性)というように、自分好きの男子なら、きつめの皮肉をぶつけてもへこたれることはないようです。相手が鈍感であればあるほど、冷たくすることへの罪悪感も薄らいでいきそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)