若くても要注意!同僚男性に「オバサン」扱いされる行動9パターン

職場はあくまで「働く場所」ではありますが、だからといって、男性陣から「オバサンくさい…」と思われるのも悲しいもの。「オバサン認定」されないためには、どんな振る舞いを避ければいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性100名に聞いたアンケートを参考に「若くても要注意!同僚男性に『オバサン』扱いされる行動」をご紹介します。

  • 【1】「ヨイショ」と声をあげながら立つ

    「いかにもお尻の重いオバサンって感じ。無意識に言ってるならなおさらです」(10代男性)というように、次の動作に移るときの掛け声は、意外と周囲に聞かれているようです。気が緩むと思わず出てしまいそうなので、職場では緊張感を保っていましょう。
  • 【2】「飴ちゃん食べる?」と誰かに会うたびにお菓子を差し出す

    「和むけど、恋愛対象としては見られないかも…」(20代男性)というように、マメにおやつを配るのも良し悪しのようです。とはいえ、刺激の強いガムやビターチョコなど、男性が喜びそうな物なら、「気が利くね!」と評価がアップするかもしれません。