告白後に返事をうやむやにされないための工夫9パターン

  • 【9】「少しでも可能性があるなら半年だけ待つ」と自分のスタンスをはっきりさせる

    「催促しつつ、想いの真剣さを伝える」(20代女性)というように、遠い未来に締め切りを設定することで相手に負担をかけず真剣さをアピールするパターンです。相手が自分のことをノーマークならば、このくらいの構えでいるのが得策かもしれません。

いずれにせよ、相手に「返事をしなくちゃな」と思わせるのがポイントのようです。緊張して返事の期限など伝えもれのないよう注意しましょう。(熊山准)
Photo:All images by iStock