告白後に返事をうやむやにされないための工夫9パターン

勇気を振り絞ってこちらから告白したのに、男性側から何のレスポンスもなかったら、どうしていいかわからなくなってしまうもの。もやもやして後にも先にも進めないという状況を防ぐためには、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「告白後に返事をうやむやにされないための工夫」をご紹介します。

  • 【1】メールやLINEではなく面と向かって告白する

    「やっぱり直接会って告白するとスルーされにくい」(20代女性)というように、自分の本気度を示すことで、相手にも誠意ある態度を求めるパターンです。とはいえ、あいまいな告白だと流される可能性もあるのでしっかりと好意を伝えて「付き合いたい」と言っておくのが基本でしょう。
  • 【2】「直感で今すぐ返事して」と即答をうながす

    「勢いで即決してもらう」(10代女性)というように、その場で決めてもらうパターンです。それでも悩んでいるようなら、「考える時点でダメだね」と先に見切りをつけるのも手。かえって相手はあなたのことが気になるようになるかもしれません。