浴衣を着たら要注意!夏祭りデートで幻滅される振る舞い9パターン


気になる男性から夏祭りデートに誘われたら、ここぞとばかりに浴衣で登場して、色っぽい姿を見せつけたいもの。とはいえ、ぱっと見の印象がよくても、そのあとの振る舞いに難があると、「せっかくの浴衣姿が台無し…」とゲンナリされてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「浴衣を着たら要注意!夏祭りデートで幻滅される振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】まるでデニムでも履いてきたかのように大股で歩く

    「すごくかわいいと思ったのに、歩く姿を見てガッカリした」(10代男性)というように、普段と同じ調子で動いてしまい、落胆されるケースです。着慣れていないと普通に歩くことすら難しそうですが、とりあえず歩幅を小さく取るよう心がければ、おしとやかに見えるでしょう。