「こ、怖い!」と奥手男子にドン引きされるアプローチ9パターン

受け身でいるだけでは恋愛のチャンスも広がりませんが、いかにも「肉食系」の女子が敬遠されがちなのも事実です。世の男性が苦手とするアプローチにはどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性92名に聞いたアンケート調査を参考に「『こ、怖い!』と奥手男子にドン引きされるアプローチ」をご紹介いたします。

  • 【1】「ちょーカッコイイね!」「やさしいね!」と、ストレートに褒めまくる

    「『何が目的?』と、不信感を抱いてしまいそう」(10代男性)というように、押しの強いド直球の褒め言葉で奥手男子を逃げ腰にさせてしまうパターンです。5回会うまでは褒めないなど、好意をアピールする前にまずはゆっくりと信頼関係を築きましょう。
  • 【2】「本当はさみしがり屋なんでしょ」と、性格を決めつける

    「他人の繊細な一面に土足で踏み込んでくる感じが苦手」(20代男性)など、下手に性格診断をすると、奥手男子のコンプレックスを刺激して反感を買うかもしれません。決めつけ発言で「わかってる女」を演じるより、相手の話をよく聞くことに力を注ぎましょう。