LINEで既読スルーしても感じ悪くならない伏線の張り方9パターン

気軽にやりとりが楽しめるLINEですが、「切り上げどき」の見極めが難しいのも事実です。気になる男性とのトークをこちらの既読で終えてしまっても、嫌な印象を与えないようにするには、事前にどんなトークを仕込んでおけばいいでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「LINEで既読スルーしても感じ悪くならない伏線の張り方」をご紹介します。

  • 【1】「明日もまたLINEでいっぱい話そうね!」と翌日に期待を持たせる

    「『今日はそろそろ終わりにしたいんだな』って自然に伝えられます」(20代女性)というように、明日に続くことをほのめかして、「今日はそろそろおしまい」の雰囲気を出す作戦です。唇マークのスタンプなどを送れば、おやすみのキスのようでドキッとしてもらえるかもしれません。