遠距離恋愛中の彼氏に愛情を再認識させるLINEの言葉9パターン

二人が離ればなれの場所にいるなら、よりいっそう絆を大切にしたいもの。遠距離恋愛中の彼氏に自分の存在の大きさを実感してもらうには、どんな言葉を選べばいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「遠距離恋愛中の彼氏に愛情を再認識させるLINEの言葉」をご紹介します。

  • 【1】何気ないあいさつがチカラの源になる「おはよう。今日も頑張ろうね」

    「朝から元気が出るし、その日は彼女のことばかり考えてしまいます」(20代男性)というように、毎朝の「おはよう」は、遠距離恋愛中に欠かせない挨拶だといえそうです。電車での出勤中など、彼氏に読んでもらえそうな時間帯に送るといいでしょう。
  • 【2】一日の疲れが癒される「本当に、お疲れさま!」

    「さりげない気遣いが、疲れた心にしみわたりますね」(20代男性)というように、一日の終わりにねぎらいの言葉を掛けてあげると、彼氏の心も安らぐようです。定型メッセージにならないよう、文面を工夫したり、スタンプを添えたりするといいかもしれません。