ぽっちゃり彼氏に「夏までに痩せなきゃ!」と思わせる一言9パターン

薄着の季節になると、「ぽっちゃり彼氏」の贅肉が嫌でも目についてしまうもの。夏の水着デートまでにみっちりダイエットに取り組んでもらうには、どんな言葉でやる気を起こさせるのが効果的なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ぽっちゃり彼氏に『夏までに痩せなきゃ!』と思わせる一言」をご紹介します。

  • 【1】「このお腹はないわー」とあからさまにガッカリしてみせる

    「『ベルトにお肉が乗ってる…』とドン引きされて、重い腰を上げました」(20代男性)というように、露骨に非難の目を向けて、彼氏のお尻に火をつける方法です。「ほっとけ!」などと逆ギレされても、「ほっとけない!」と頑として譲らない姿勢を貫きましょう。
  • 【2】「鏡に全身を映して見てみなよ」と現実を直視させる

    「彼女の部屋で全身鏡の前に引っ張り出されて、自分のぽっこり腹に驚愕!」(20代男性)というように、太めの体型を見過ごしている男性は、意外に多そうです。この機会に自宅に姿見を置くよう勧めると、つねにダイエットを意識してもらえそうです。