「なにそれヒガミ?」と結婚する友人に呆れられる一言9パターン


結婚願望が高まっているときに、友人から「婚約」の報告を受けたら、無性に羨ましくなってしまうもの。とはいえ、お祝いの言葉にトゲトゲしさがにじみ出てしまったら、「それでも友達!?」とひんしゅくを買ってしまうかもしれません。そこで今回は、20代から30代の女性に聞いたアンケートを参考に「『なにそれヒガミ?』と結婚する友人に呆れられる一言」をご紹介します。

  • 【1】「へえ、結婚できてよかったじゃん」と無感動にお祝いを述べる

    「目がぜんぜん笑ってなくて、そんなに悔しがらなくても…と思わず苦笑」(20代女性)というように、口では祝福していても、表情が硬いと胸の内を悟られてしまいそうです。いっそ「羨ましすぎる!」などと白状してしまったほうが、場が和むかもしれません。