大好きな先輩が今日で卒業…想いを伝える「最後のセリフ」9パターン

  • 【3】「先輩に近づく目的でこのサークルに入りました」と本音を打ち明ける

    「『そうだったの!?』ってビックリした分、記憶に残るかも」(10代男性)というように、インパクトを与えながら告白すれば、強い印象を残せるでしょう。驚きが大きいほど、「そんなに俺のことを…」と秘めてきた想いに感じ入ってもらえそうです。
  • 【4】「あのときこんなことを言ってくれて…」と事細かに思い出を語る

    「幸せそうに話す姿を見て、本気で好きでいてくれたんだ…と感動した」(20代男性)というように、エピソードを交えると、告白に真実味を加えることができそうです。長々と語りすぎて興ざめされないよう、大事な思い出だけピックアップしましょう。