実は脈アリの意思表示!?奥手男子のホワイトデーのお返し9パターン

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な男性は、バレンタインにチョコを受け取っても、上手に意思表示をできないもの。そんな場合、ホワイトデーのお返しに相手の女の子へのメッセージを込めることがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性82名に聞いたアンケートを参考に「実は脈アリの意思表示!?奥手男子のホワイトデーのお返し」をご紹介します。

  • 【1】倍返しを意識したような「高級なお菓子」

    「ゴディバとか有名なお店で買ったものを渡します!」(20代男性)というように、お返しに出し惜しみしないことで、相手への好意を示すケースです。ただし、誰にでも気前がいい男性もなかにはいるので、念のために「ほかの人へのお返しもこんなに奮発しているの?」と確認するといいでしょう。
  • 【2】テレビや雑誌を賑わせている「話題のスイーツ」

    「喜んでほしかったので、2時間並びましたよ!」(20代男性)というように、好きな相手のためなら、長時間の行列も耐えられるというのが男心のようです。それとわかったら受け取るときに、「私のためにわざわざ並んでくれてありがとう」と一言添えるといいかもしれません。