結婚はNOだけど別れたくない…プロポーズへの無難な返事9パターン

彼氏にプロポーズされたけど、まだ結婚する気はない。かといって、別れたくもない…。そんなとき、できるだけ「現状の関係」を維持するためには、どう答えるのが無難なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性77名に聞いたアンケートを参考に「結婚はNOだけど別れたくない…プロポーズへの無難な返事」をご紹介します。

  • 【1】「突然のプロポーズが嬉しすぎて、すぐには返事できない」とその場はごまかす

    「『無理!』という言葉をとっさに飲み込んで、平和に収めました(笑)」(20代女性)というように、言い方次第で相手への印象もずいぶん違うもの。そわそわして動き回るなどの挙動不審な行動を見せつければ、嬉しさの表現だと解釈してもらえるかもしれません。
  • 【2】「ちゃんと花嫁修業をしたいので」と時間を稼ぐ

    「『あなたにふさわしい妻になりたいから』と殊勝に告げたら、ニコニコして受け入れてくれた」(20代女性)など、「花嫁修業」という言葉の持つ古風な響きに弱い男性は多いようです。料理教室のパンフレットを見せるといった細かい演出もお忘れなく。