それってつまり…寸止めでドキドキを誘う「告白のセリフ」9パターン

意中の男性と両想いだとわかっていたら、告白のセリフは「好き」だけで十分かもしれません。しかし勝算が「五分五分」なら、インパクトのある告白で気持ちを一気に引きつけたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性94名に聞いたアンケートを参考に「それってつまり…寸止めでドキドキを誘う『告白のセリフ』」をご紹介します。

  • 【1】「初めて会ったときからいいなと思ってた」と一目惚れをほのめかす

    「それじゃけっこう前から俺のことを…って、すごいドギマギしそう!」(20代男性)というように、「初対面のときから好き」だと匂わせると、衝撃を与えられそうです。昔の話になったときに、チャンスを逃さず「実は私…」と切り出せば自然でしょう。
  • 【2】「気がつくとあなたのことばっかり考えてる」と照れ笑いする

    「『好き』だけでも嬉しいけど、どれほど好きかが伝われば余計グッときそうです」(10代男性)というように、言い回しを工夫して、「好きの度合い」をわかってもらうのもよさそうです。「いつの間にか目で追ってる」「勉強が手につかない」といった表現も効きそうです。