志望校に落ちた彼氏を励ますツンデレなセリフ9パターン

  • 【9】「私のためと思ったらもっと頑張れるでしょ!」と愛情を試す

    「こんなに心配してくれている彼女を安心させるために、もっと頑張ろうと素直に思えた」(10代男性)というように、彼氏が自分にベタぼれであることを武器に、発奮させる戦法です。確かに愛されているという実感があれば、試してみるといいでしょう。

不合格となったときは、誰しも深く落ち込むもの。くれぐれも彼氏の心の傷口を広げないように気を付けながら、暖かく厳しい励ましの言葉をかけてあげましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2015年9月9日から16日まで
対象:合計100名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock