義理チョコとわかっていても萌える「渡され方」9パターン

  • 【9】「ハイこれ。お返しよろしく」とクールを装いつつ頬を赤らめる

    「言葉と表情が裏腹な不器用さがいとおしくなった」(20代男性)というように、わざとつっけんどんな言い方をしつつ恥ずかしそうにしているところが、多くの男性の「萌えのツボ」を直撃するようです。なかなか難しい演技なので、鏡の前で予行演習をしておくと良いかもしれません。

かわいらしさやツンデレ、強引さなど、どんなパターンに萌えるのかは、男性それぞれ。相手のタイプを見極めながら、自分らしく渡せるやり方を試してみましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計82名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock