義理チョコとわかっていても萌える「渡され方」9パターン

  • 【4】「ちょっとこっちに来て」と二人きりになってから渡される

    「『あれ?義理チョコのはずだよね?』とドキドキした」(20代男性)など、誰からも見られない空間で手渡しすることで、一瞬、告白かと期待させる作戦です。お互い悪からず思う間柄なら、一気に話が進むかもしれません。