義理チョコとわかっていても萌える「渡され方」9パターン

  • 【2】「義理チョコですみません」とわざわざかしこまった態度で差し出される

    「『いつも軽口叩いているのになぜ敬語?』とどぎまぎした」(20代男性)など、普段と違う接し方をするのも、ただの義理チョコとは一味違う空気を漂わせる効果があるようです。まだ「本命」ではない男性だとしても、バレンタインをきっかけに、関係の進展が望めるかもしれません。