「受験当日の朝」に彼氏を勇気づけるLINE9パターン

  • 【5】愛の力で応援する「どうなっても好きな気持ちは変わらない」

    「どうなっても自慢の彼女がいるしダメ元で行こう!と開き直れました」(10代男性)というように、彼氏を奮起させたければラブパワーを注入するのもアリかもしれません。ラブラブカップルはもちろん、普段ツンツンしている人が言うのもギャップがあってよさそうです。