本命相手にはできない!こっそりやってみたいSMプレイ9パターン

  • 【9】誰でも受け入れると思われてしまう「複数プレイ」

    「乱交するような女を、男が本当に好きになるとは思えない」(30代女性)というように、スワッピングを許容される間柄に真実の愛はないと考える女性もいるようです。宅飲みを開く際に、女性陣はエッチ好きな女友達を呼び、男性陣はセフレ男性に男友達を連れてきてもらえば、スムーズな流れで2対2の複数プレイが楽しめるのではないでしょうか。

「好きな人にしか見せられない一面」がある一方、「好きな人だけには見られたくない性の一面」を持つ女性は少なくないのかもしれません。本命男性に秘密のエッチをすることで性生活が潤うのであれば、遊び相手を作って色々とチャレンジしてみるのは悪いことではないのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock