ただの友達じゃない!「オンナ」として意識させる告白9パターン

友達としてそれなりにいい関係を築いている相手を好きになってしまった場合、恋愛モードに持ち込むのは難しいもの。とはいえ、そのままで終わりたくないなら、ちゃんと勝負に出たほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性92名に聞いたアンケートを参考に「ただの友達じゃない!『オンナ』として意識させる告白」をご紹介します。

  • 【1】「実は初対面のときから好きだった」と想いの深さを打ち明ける

    「『一目惚れ』なんて告白されたら、一瞬で見る目が変わりそうです」(10代男性)というように、初めて会ったときから恋が始まっていたなら、正直にそのことを伝えるとよさそうです。付き合いが長いほど、「そんなに前から!」と感激してもらえるかもしれません。