必死すぎて引く…同窓会にワンチャン狙いで来た女子の行動9パターン

婚活中の女性にとって、同窓会は絶好のチャンス。とはいえ最初からそればかり意識すると、周囲から冷たい視線を向けられて、ますます婚期が遠のいてしまうかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性に聞いたアンケート調査を参考に「必死すぎて引く…同窓会にワンチャン狙いで来た女子の行動」をご紹介します。

  • 【1】結婚式かというくらい気合いの入ったドレスで登場する

    「ひときわ目立ってましたね。悪い意味で」(20代男性)というように、主役は私と言わんばかりの晴れ着で臨んでしまったパターンです。考えすぎて正解がわからなくなった場合は、事前に家族や友人に衣装をチェックしてもらいましょう。
  • 【2】参加者全員の「未婚・既婚」や「バツの有無」を素早く把握する

    「出会いがしらに『結婚は?子どもは?』とか聞きまくるのって露骨すぎますよね」(20代男性)というように、驚異的な速度で参加者の交際ステータスを収集してしまうパターンです。気持ちはわかりますが、事前に幹事に聞くなど、もう少し目立たない方法で探りたいところです。