「結婚はまだ?」と迫ってくる親を黙らせる会心の一撃9パターン

年末年始の帰省で頭が痛い問題の一つに、親からのしつこい「結婚催促」が挙げられるでしょう。世の女性たちは、いったいどんな手を使ってこの状況を切り抜けているのでしょうか。そこで今回は、インターネットユーザーの独身女性79名に聞いたアンケートを参考に、「『結婚はまだ?』と迫ってくる親を黙らせる会心の一撃」をご紹介いたします。

  • 【1】「決まったらちゃんと紹介するから」と嘘をつく

    「いかにも結婚話を進めている人がいる雰囲気で伝えたら、渋々納得していた」(20代女性)というように、何か含みのある言い方をして、お茶を濁すパターンです。たとえ彼氏すらいなくても、「楽しみにしててね」などと付け加えて余裕のあるところを見せましょう。