気になる男性に「初詣に行こう!」と言わせる誘導トーク9パターン

親しくなりかけの微妙な距離感で「デート」を実行するのは、お互い気恥ずかしいもの。しかし「初詣」などの大義名分があれば、男性に誘いの言葉を切り出させることも少しは容易になるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性89名に聞いたアンケートを参考に「気になる男性に『初詣に行こう!』と言わせる誘導トーク」をご紹介します。

  • 【1】「クリスマスは女子会だったの」と男っ気のなさを強調する

    「彼氏がいないことがはっきりわかるので、誘いやすい」(20代男性)というように、イベント報告にかこつけて、親しい男性がいないことをアピールする戦法です。「寂しい女子同士で不満をぶちまけながらケーキを囲んだよ!」などとダメ押しすると、発言の真意が伝わりやすくなるかもしれません。
  • 【2】「今年も家族で初詣か…」と残念そうにつぶやく

    「『俺でよかったら一緒に行く?』と誘いたくなる」(20代男性)など、地味なお正月を想像して嘆く女性を放っておけない男性は多いようです。「仲良し家族でいいね!」などとスルーされてしまった場合は、別の方法に切り替えたほうが良いでしょう。