「私はクリスマス用の彼女?」と気づいたデートの行き先9パターン

男性からクリスマスデートに誘われたら、「交際に発展するかも!」と期待してしまうもの。とはいえ、単に「ひとりで過ごすよりはマシだから」という理由で声を掛けられたのだとしたら、無邪気に喜んではいられないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性89名に聞いたアンケートを参考に「『私はクリスマス用の彼女?』と気づいたデートの行き先」をご紹介します。

  • 【1】ロマンチックなムードが過剰な「イルミネーションスポット」

    「ほとんど会話もなくて、雰囲気に酔ってるだけなのが見え見えだった…」(10代女性)というように、クリスマスの定番スポットは、手軽にカップル気分を味わえる都合のいい場所かもしれません。景色の話しか振られないようなら、疑惑を深めてもいいでしょう。