思わず萌える!デート中の「トイレ行きたい」の切り出し方9パターン

気になるカレとのデート中に催した尿意。しかし、「トイレ行ってくる」ではいかにも普通すぎるうえ、なんだか気まずくなってしまいます。尿意を好意に変える魔法の言葉はないのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性93名に聞いたアンケートを参考に、「思わず萌える!デート中の『トイレ行きたい』の切り出し方」をご紹介します。

  • 【1】明るい笑顔でストレートに「おしっこ漏れそう!」

    「大人しそうな印象だったので、逆に新鮮で萌えた」(10代男性)というように、「おしっこ」などの言葉を言わなそうな女性ほど、ストレートな表現が強い印象を残すようです。特別なことを言っているわけではないのに、思いがけず男性の気持ちを引きつけられるかもしれません。
  • 【2】トイレの前で、モジモジしながら「行ってくる」

    「『トイレ?』と聞いたら無言で頷いたので満面の笑みで送り出した」(20代男性)というように、やはり女性に古風な奥ゆかしさを求める男性は多いようです。初回デートなど、まだお互いをよく知らないタイミングなら、このくらい控えめな態度を通すのが無難でしょう。