なりゆきで付き合って後悔した最大の理由9パターン

「相手に言い寄られて」「勢いでエッチしてしまって」など、なんとなく流されて男性と付き合ってしまうというのはよくある展開でしょう。結果オーライなら良いのですが、中には後悔したという声も少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「なりゆきで付き合って後悔した最大の理由」をご紹介します。

  • 【1】付き合うと決まった瞬間から「好きじゃない」と気付いていたから

    「好きになろうと頑張ることがむなしかった」(20代女性)というように、見切り発車で交際を開始しても、愛情が生まれなかったパターンです。「一緒にいるとラク」といった感情を「好意」と誤認することもあるので、特にさびしさを感じているときは用心したほうがよいでしょう。
  • 【2】運悪く本命の男性から言い寄られて困ったから

    「自分の間の悪さを呪いましたね」(20代女性)というように、彼氏ができた途端に片想いしていた別の男性からアプローチを受けたパターンです。どうでもいい相手と深い仲になるくらいなら、むしろその状況をダシにして、「いま、○○から付き合おうって言われてる」などと本命に迫りたいところです。