カレが運命の人なんだ…!恋愛で感じた「第六感」9パターン

  • 【3】会うたびに胸騒ぎがして、相手のことが気になって仕方なくなった

    「全然タイプじゃないのに、夢にまで出てくるようになって…」(10代女性)というように、無意識のうちに相手のことを考えてしまったケースです。理性では「運命」だと思えなくても、その人のことで頭がいっぱいになるほどなら、感覚を信じてもいいでしょう。
  • 【4】つねに相手の姿を追ってしまい、目が合っても視線をそらせなかった

    「好きって自覚もないまま、気がつくと姿を探してしまってて…」(10代女性)というように、相手に「釘付け」になってしまったケースです。目の保養になるようなイケメンでもないのに視線を奪われるなら、「運命」を疑ってもよさそうです。