とにかく面倒くさい!と感じる「アート系女子」の特徴9パターン

子どものころからアーティスト気質で「こういう生き方しかできない」と思い込んでいる女子は、自分では気づかないうちにモテを遠ざけている場合があるようです。男性からのウケが悪い「アート系女子」にはどんな特徴があるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性158名に聞いたアンケート調査を参考に「とにかく面倒くさい!と感じる『アート系女子』の特徴」をご紹介します。

  • 【1】メイクやファッションが奇抜すぎて、一緒に歩くのが恥ずかしい

    「自分でリメイクした変な服を着てきて、一刻も早くデートを切り上げたかった」(20代男性)というように、見た目が恥ずかしいと思われているパターンです。「私はこういう人間です」と世間に公表するにはわかりやすい手段かもしれませんが、恋愛においてはリスクも高いと心得ましょう。
  • 【2】会話の内容が感覚的すぎて、反応のしようがない

    「『最近ずっと心が黄色なの』とかわかんねー(笑)」(20代男性)というように、独特の表現が多すぎて、会話の相手を困らせてしまうパターンです。論理的な説明が難しいなら、「特に返事はいいの」と先に断っておくとよいかもしれません。