「2度目のデート」で女性のほうから狙いたいスキンシップ9パターン

「彼氏未満の男性」と2度目のデートにこぎつけたら、少しは距離を縮めていきたいもの。相手が奥手でも、こちらから絶妙なスキンシップを仕掛けてしまえば、グッと親密感を高めることができるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性167名に聞いたアンケートを参考に、「『2度目のデート』で女性のほうから狙いたいスキンシップ」をご紹介します。

  • 【1】「ねえねえ」と指でつんつんしながら名前を呼ぶ

    「まだ付き合ってないけど、親しげな雰囲気はある…みたいな。グッときますね(笑)」(20代男性)というように、指先で軽く突かれるだけで、テンションが上がる男性は多いようです。苗字ではなく下の名前で呼ぶ行為も、一歩踏み出した印象を与えるでしょう。
  • 【2】相手が冗談を言ったら「もう!(笑)」と軽く腕を叩く

    「少し打ち解けてきたのかな、と思えて嬉しい」(10代男性)というように、相手のジョークに笑いながら腕を叩くのも、心の垣根がなくなってきたことを思わせるようです。バシッ!と音がするとおばさんくさいので、ポンッと触れるくらいの力加減がいいでしょう。