初デート前日!男性の期待値をMAXに高めるLINEテク9パターン


初デートの前日は誰もがドキドキして過ごすもの。オシャレの準備に専念するのもいいですが、LINEで一言メッセージを送るだけで、男性のドキドキを「ワクワク」に変えることができそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性123名に聞いたアンケートを参考に、「初デート前日!男性の期待値をMAXに高めるLINEテク」をご紹介します。

  • 【1】「デート、いよいよ明日ですよね」とさりげなく日程を確認する

    「よかった、ちゃんと覚えていてくれた、と安心します」(20代男性)というように、デート前日に「明日の予定」を確認するLINEを送ると、男性をホッとさせられるようです。返信が来たら「楽しみです」と一言戻すと、期待感をさらにあおることができるでしょう。

  • 【2】「早く待ち合わせの時間になればいいのに!」とワクワク感の高さを伝える

    「楽しみにしてくれてると、こっちもテンション上がる!」(20代男性)というように、明日のデートへの想いをストレートに言葉にしてあげると、男性も気合が入るようです。こちらの胸の高まりに応える形で、序盤から高いテンションを期待できそうです。

  • 【3】「明日会えるのを楽しみにしています」と礼儀正しく挨拶する

    「すごく品がいい感じがする。紳士的に行かなくちゃ、と気が引きしまる」(20代男性)というように、丁寧な言葉遣いでの挨拶は、男性の「エスコート意識」を刺激するようです。年上の男性に落ち着いたリードをしてほしいなら、ベストな一言かもしれません。

  • 【4】「ドキドキして全然寝られないよー」と緊張っぷりをさらけ出す

    「同じ気持ちなんだ!とわかると、ちょっと安心します」(10代男性)というように、あえて「緊張している様子」を伝えるのも好印象なようです。遠足前日のような、期待と不安が入り混じった感覚を共有することで、二人の絆が深まる効果がありそうです。

  • 【5】「何着て行こうかな。かわいい系がいい?」と服装の好みを尋ねる

    「俺のためにオシャレしてくれるんだ!と思うと超うれしい」(20代男性)というように、「明日着ていくファッション」を相談するのも男性を喜ばせるかもしれません。実際に着ていく服は決まっていても、好みの傾向を聞くだけで満足してもらえるでしょう。

  • 【6】「明日は買い物と、カラオケもしたい!」と当日やりたいことを具体的に言う

    「本気で楽しもうとして、色々考えてくれてるんだなーって実感する」(20代男性)というように、希望のプランを細かく挙げていくのも、「楽しい明日」をイメージさせやすいようです。すでにデートプランが固まっている場合も、それを改めて確認すると盛り上がるでしょう。

  • 【7】「ヤバいww高まってきたwww」と冗談混じりにテンションを上げる

    「笑えるセリフのほうがリラックスできて助かるかな」(10代男性)というように、あえてギャグっぽく茶化すのも、相手によっては安心感を誘うようです。普段から気軽に冗談を言い合える関係であれば、どんどんジャブを繰り出しましょう。

  • 【8】「楽しい思い出いっぱい作ろうね」と幸せな未来を予感させる

    「前日から感動でヤバい。絶対思い出の一日にしてみせると心に誓います」(20代男性)というように、将来を見据えたうえでの「楽しい思い出」を意識させることで、男性に使命感を与える方法です。やや芝居がかった一言ですが、それだけにインパクトは大きいかもしれません。

  • 【9】あえて無言で「(ハートマーク)」を連打し、未知数の期待感をあおる

    「想像するとヤバい。明日何が起きるんだよぉぉぉ!と興奮します」(20代男性)というように、「ハート」の絵文字で好意をほのめかすのも、男性の想像力を大いに掻き立てるようです。あえて言葉を使わないからこそ、ミステリアスな期待感をあおることができそうです。

期待と緊張が入り混じったデート前日こそ、LINEのやり取りで緊張をほぐし、期待感だけを高めて当日に臨むのが理想的でしょう。相手との関係性に合わせて、最適な方法を選びたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2015年6月2日から9日まで
対象:合計123名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock