女らしさとほど遠くなってしまう?恋のNGスポーツ9パターン

スリムな体を手に入れたければ、体を動かすのは王道でしょう。とはいえ、部活やサークルなどで本気で取り組んだ場合、逆に恋の障害になってしまう困ったスポーツも存在するようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性120名に聞いたアンケートを参考に「女らしさとほど遠くなってしまう?恋のNGスポーツ」をご紹介します。

  • 【1】日焼けで一年中真っ黒になる「ソフトボール」

    「基本的に練習は屋外。夏休みの小学生みたいに真っ黒に日焼けしちゃいます」(10代女性)というように、屋外スポーツに真剣に打ち込むなら、全身の日焼けは免れないようです。白肌をキープしたい人は、よく考えてから始めたほうがいいかもしれません。
  • 【2】太ももが太くなってしまう「バレーボール」

    「学生時代のバレーのせいで、今でも太ももが立派です…」(20代女性)というように、下半身を鍛えるバレーボールを経験すると、どうしても脚が筋肉質になってしまうようです。そこに脂肪がつくとかなりもったりしたレッグラインになってしまうので、脚線美を考えるなら、競技引退後のスタイル維持は必須でしょう。