「自分より背の低い男子」を恋愛モードに導くセリフ9パターン

好きになった男性の背が自分よりだいぶ低い場合、「恋愛対象として見てもらえないのではないか」と懸念してしまう女性は多いようです。身長差を乗り越えて恋を始めるためには、どんなジャブを打つのが有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性158名に聞いたアンケート調査を参考に「『自分より背の低い男子』を恋愛モードに導くセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「私は性格重視だから」と身長を気にしないことをほのめかす

    「見た目より中身だと言ってくれたら、なんとなく気づく」(20代男性)というように、異性に求めるポイントは「性格」だと宣言するパターンです。前振りとして先に相手のいいところを褒めておくと、信憑性も増すでしょう。
  • 【2】「うちの両親はお父さんのほうが背が低いんだよね」と身近な事例を挙げる

    「『身長差カップルもアリだ』と言いたいことは伝わる」(10代男性)というように、身近なケースを披露するパターンです。鈍い人には「背の高さはお母さんの遺伝?」くらいにしか思われないので、両親のラブラブぶりを説明して真意をわからせましょう。