「コイツとの結婚はないな」と感じた冷蔵庫の中身9パターン

ひとり暮らしの冷蔵庫は、日頃の生活態度を映す鏡。ズボラな一面が垣間見えたり、偏った食の嗜好が露わになっていたりすると、彼氏にドン引きされて、「将来をともにするパートナー」として見られなくなってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性293名に聞いたアンケートを参考に「『コイツとの結婚はないな』と感じた冷蔵庫の中身」を紹介します。

  • 【1】ズボラな性格にげんなりしてしまう「明らかに賞味期限切れの食品」

    「カビの生えた食材が放置されていた…。だらしない人とは一緒に暮らしたくない」(20代男性)など、冷蔵庫内の管理がズサンだと、「ただのズボラ女」のレッテルを貼られてしまうおそれがあります。1日、2日程度の賞味期限切れなら「うっかり」で済むでしょうが、生ゴミレベルの腐った食材はきちんと処分しておきましょう。